2015年12月29日火曜日

スウェーデンの老人ホームで働くということ

こんにちは、mayukoです。

去年の今頃『KOMVUX - スウェーデンの学校』という記事で医療福祉系のコースを修了し、Undersköterska(アンダーナース)になったと言うことを書きましたが、その後就職活動を行い今年の2月から老人ホームで働いています。

その職場の忘年会に当たるようなクリスマスパーティーが先日、行なわれました。わたしが勤めている施設は私立なため、ストックホルム内にある他の施設との合同のクリスマスパーティー。思ったより大がかり。

途中、歌手の人が出てきて歌ったり。最後の方はABBAのDancing Queenで客席も総立ち「さすがスウェーデン!ABBAって…!」と1人でウケてしまいました。

さて、わたしが働いてるのは6ユニット全60床の私立の老人ホーム。日本で民間、私立といえば有料老人ホームを思い浮かべるかもしれませんが、スウェーデンでは私立も公立も入所にかかる費用は特に変わりはないとのこと。わたしはスウェーデンの高齢者福祉の制度には全く詳しくなく、この入所費用についても同僚に聞いたのですが。

わたしが海外研修で初めてスウェーデンに来た2004年、私立、公立両方の老人ホームで実習をさせて頂いたのですが、その頃に比べ、福祉施設の民営化が進み、その結果としてなのかは分かりませんが職員の数が大幅に減っています。

わたしが働いている施設では基本的に1ユニット10人の利用者に対し日中は2人の介護スタッフが配置されています。それなら余裕でしょ!?と思われるかもしれませんが、この2人で清掃、洗濯、ちょっとした調理、フィーカのためのお菓子作りなども行なうので利用者とゆっくり座ってフィーカ、なんて時間はほとんどありません。日本のグループホームもこんな感じかもしれませんが、特別養護老人ホームしか知らないわたしにはこれはこれで大変です。

介護スタッフの殆どは移民。国はそれぞれですがアフリカ、中東などからの人が多いです。なぜ、移民が多いかと言うとやはりいわゆる3Kだからだとわたしは思っています。
日本のメディアなどで『スウェーデンの介護職は充分な給料をもらっている。スウェーデンの高齢者福祉は充実している』なんて記事を見ると「どこの国のこと言ってんのこの人!?一回働いて言ってくれ!」と思わずにいられません。

さすがにわたし自身の給料はお教え出来ませんが、スウェーデンの色んな職業の給料統計が見れるサイトLönestatistik.seによるとストックホルムのアンダーナースの平均月収は約21000kr。現在のレートで約29万8000円。これだけ見れば多く感じるでしょう。しかし、ここから税金が引かれます。そう、あのスウェーデンの高い税金です。一般的に30%と言われていますが収入にもより、わたしで約25%の税金が引かれています。四分の一も税金で持って行かれるかと思うと改めて腹立ってきました。平均月給の21000krから25%を引くと15750kr(約22万3000円)。これでもまだまだ高く見えるかもしれません(それに、ボーナスはないし、交通費だって出ません)。しかし、スウェーデンの物価は高いのです。コンビニで500mlのペットボトルを買えば約300円、ファストフード店でセットを頼めば約1000円。その上ストックホルムの住宅事情は最悪。普通に賃貸を借りても高いのにその賃貸さえなく又貸しなどでアパートを借りる人も多くそれだと家賃は一気に跳ね上がります。家を買いたくてもワンルームの中古アパートで150万kr(約2100万円)超えは当たり前。わたしはスウェーデンに初めて来る方などには「物価は日本の約2倍だと考えて下さい。」と良く言うのですが、それらを考えてもまだなお『アンダーナースの給料はしっかりと保証されている』と言えるでしょうか?

なんだか愚痴っぽくなってきましたが、いいことも。
何と言っても有給が取れる!わたしも2月に働き出して10月には4週間有給とって日本へ。有給とれるのはいいけど、夏のバケーションシーズンには有給をとる人が多く現場は夏休みバイトばかりに。残された正社員はかなり辛いです。
そして残業もない、あってももちろん残業代が出る。
当たり前と言えば当たり前のことですが日本の労働環境に慣れていたわたしにはありがたい限り。

他に日本との違いとして
職員が休む。
毎日誰かが休んでいるような気がします。それをギリギリになって連絡してくる。シフト調整係の上司は本当に大変だと思います。欠勤で穴が空いたシフトは基本的にパートタイム、時給で働いてるスタッフで埋めるのですが、調整がつかない時はわたしたち正社員にも声がかかります。朝の6時に電話がかかってきて「今から出て来れる?」なんてことも。最初はこのエクストラの出勤要請に「Nej(No)」と言えなかったのですが、ある時OKした後に「やっぱりOKするんじゃなかったー!」と後悔しているわたしに同僚が「Noと言うことも覚えないと」とアドバイス。それからは無理な時は「Nej」と言うように。最初は罪悪感みたいのもありましたが慣れてしまえば大丈夫。引き受けていやいや働くよりずっと良いです。そしてスウェーデンの恐ろしいところは夏の天気がいい日に『病欠』が増えること。同僚曰く、たぶん仮…。

上司や利用者をファーストネームで呼ぶ。
まあ、これは老人ホームに限らずですが。最初はちょっと抵抗がありました。学校の先生をファーストネームで呼ぶのも苦手でした。

リネン類が私物。
これは現場で働いた方の方が分かりやすいと思うのですが。シーツなどが私物でシングルサイズなのにマットレスは分厚い除圧マットレス。地味にストレスです。三角コーナーとか作れません。

職員が国際的
先ほども書きましたが、色んな国出身の人たちが働いています。自国での仕事を尋ねると獣医師、エンジニア、経理、裁判所勤務…など、キャリアを持つ人も多いのですが、やはりスウェーデンで同じ職業に就くのは難しいとのこと。どの国の人が特にどうだ、とかはないんですが、皆なかなかキャラが濃いです。

ペット可
これは全ての老人ホームではないかもしれませんが、わたしが働く会社の老人ホームではペットと一緒に入居することができます。わたしの働いているところには30歳超えのオカメインコを飼っている方がいました。一生懸命日本語教えようとしたけど、わたしが有給の日本から帰ってきたらいなくなってました…。飼い主自身が「もう面倒が見れない」とのことで飼い主がいなくなったりした鳥が集まる施設に引き取られたそうです。しょぼん…。他の施設ではネコを飼ってる方も。散歩が必要な犬などは難しいかもしれませんが室内飼いが出来るペットであればOKなようです。
職員も自分の犬を連れてきたり、面会に来るご家族も犬を連れてきたりします。みんな良い子だし、利用者も動物好きな方が多いので動物の訪問を喜びます。

他にもいろいろあると思うのですが、改めて考えてみると出てきません。

さて、先日、職場からクリスマスプレゼントをもらいました(これもスウェーデンでは普通です)。プレゼントは素敵なシーツセット。

でも、これって家のベッドのサイズと違ったらどうすんだろ…?
なんてプレゼントにケチをつけるようなことは言ってはいけないのです。

仕事はどの仕事も大変とは分かっているもののみきちゃんに愚痴ばかり言っているわたしですが、やはりこの仕事が好きなのでこれからも頑張って職場のお局様目指したいと思います。

関連記事
スウェーデンの老人ホームで働くということ/その2(2016.12.29)
KOMVUX-スウェーデンの学校(2014.12.30)



2015年12月22日火曜日

ストックホルム、クリスマスの風景 2015

こんにちは、mayukoです。

今年もグリーンクリスマスになりそうなストックホルム。雪が積もらないのは色々と楽なんですけど、ちょっとつまんない感じです。ただでさえ暗いスウェーデンの冬、真っ白な雪がないとなおさらグレー一色。

そんなストックホルムですが一昨年、去年に引き続き、クリスマスシーズンの様子をお伝えしたいと思います。

と、いっても例年とそんなに変わったことはないんですけど。まずは11月末から開催されるガムラスタン(Gamla Stan)のクリスマスマーケット(Julmarknad/ユールマルクナド)に行って気分を盛り上げます。今年もワッフルはお約束。そういえば前はブルーベリーとラズベリーのジャム、Drottningsylt(ドロットニングシィルト)が選べたのに去年くらいからなくなったなあ、なんて思いながらブルーベリージャムを選んだのでした。

クリスマスプレゼント買う相手もいないし、この時期のお店はどこも人がたくさんなので主にウィンドウショッピング。クリスマスのデコレーションを楽しみます。
まずはやっぱりNKデパート。

今年のテーマはNK100周年を記念してこの100年間のクリスマスの移り変わりなど。やっぱり50/60年代あたりが可愛い。(他の写真はKOKEMOMO SwedenのFacabookページでご紹介していますので、ぜひそちらも覗いてみて下さい。)

今年もNKのサンタのお膝に座ってクリスマスのおねだりは出来ず…。もう「恥ずかしい♡」なんて言ってる年ではありません。来年こそ!みきちゃん写真係でいいからついて来て。

ストックホルムのデパートといえばÅhlénsも。こちらも頑張ってます。


他にも
Bengt & Lotta

アンティークショップ

クリスマスのラッピング地下鉄

Stureplan周辺

ストックホルム市立図書館の横にはクリスマスツリーの市場が

そしてクリスマスのカウントダウンが始まるアドベント。今年は3rdアドベントが12/13だったため、ルシア祭と重なりました。イベントが重なるとなんだかちょっと損した気分。

ルシア祭は聖ルシアに扮した女の子を中心にキャンドルを持って歌を披露します。今年はストックホルム中央駅で偶然、ルシアたちに遭遇。この主人公のルシア、聖ルシアだからもちろん女性なんですが、スウェーデンの男の子たちが「女の子ばっかりルシア役やってずるい!男女差別だ!」って言い出したなんていうニュースを読んだ、と同僚から聞いたのですが、冗談であって欲しい…。男女平等ってそういうこと?

そしてそのストックホルム中央駅はこんな感じ。ちょっとだけですがクリスマスマーケットも開かれています。

ルシア祭といえば、サフラン風味のブッレLussekatt(ルッセカット)!ストックホルムで一番おいしいルッセカットを求め食べ続けます。

今年はそんなに寒くないけどやっぱりこの時期のフィーカは格別。サフランの香り漂うカフェで熱いコーヒーを飲むのは幸せ。クリスマスのお菓子といえば、他にもpepparkaka(ペッパルカーカ/ジンジャークッキー)なども。


クリスマスの食事の買い物も忘れてはいけません。ギリギリに買い物に行くと恐ろしいことになります。と、言いつついつもギリギリでレジの長い列に並ぶはめになるのですが。
スーパーもクリスマス仕様。

クリスマスといえばヤンソンさんの誘惑(Janssons frestelse/ヤンソンス・フレステルセ)。わたしの一番好きなスウェーデン料理。そのヤンソンさんに欠かせないのがアンチョビ。今年は見たことない缶(右の銀色の文字の缶)がある、と良く見たら「Sillfiléer till Jansson」の文字が。アンチョビではなく、アンチョビ風味のヤンソン用のシル(ニシン)。缶に貼られたシールを見ると材料となるアンチョビが充分に獲れなかったとのこと。そんな風に言われたら、急いでちゃんとしたアンチョビの方を買っておかないと、と2つ買ってしまいました。


わたしは今年はたまたまクリスマスイブ(スウェーデンではイブにお祝いをします)は仕事がお休み。おうちでのんびり過ごしたいと思います。
皆様も素敵なクリスマスをお過ごしください。


KOKEMOMO Sweden önskar er alla en god jul!

※みきちゃんが手がけたCREA Webの「大切な人と歩きたいクリスマスの街角」も是非ご覧ください。

関連記事
ガムラスタンのクリスマスマーケット2012(2012.12.01)
ストックホルム、クリスマスの風景(2013.12.22)
ストックホルム、クリスマスの風景2014(2014.12.21)
ストックホルムのファーマーズ&デザイン・クリスマスマーケット(2016.12.04)






にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ
にほんブログ村

2015年12月10日木曜日

話題のシェフが集まるストックホルムのフードシアター

こんにちは、mayukoです。

ストックホルムの最近の話題のひとつ、セーデルマルム(Södermalm)の地下鉄スカンストゥール駅(Skanstull)にあるショッピングセンター、リンゲン(Ringen)にオープンしたフードコートにオープン初日の12/5に行ってきました。

何故このフードコートがニュースになったのか、フードコートというとチェーン系のレストランやタイ料理、寿司、インド料理など手頃な価格でカジュアルな感じのお店が多いのですが、ここはスウェーデンでも話題の有名シェフたちが手がけているのです。

Skanstullの駅で地下鉄を降りると既にシェフたちの姿が柱に。

フードコートの名前はテアーテン(Teatern/「劇場」の意味)。
シェフたちのサイン

ショッピングセンターの中心に輪を描くようにレストランと客席が並びます。
客席はまさに劇場のように階段状になっており、以前紹介したフードコートK25にもちょっと似た感じです。

まず、チェックしたのは『世界のベストレストラン50』にも選ばれるスウェーデン北部のレストランFäviken MagasinetのシェフMagnus NilssonのKorvkiosk。Korv(コルヴ)はスウェーデン語でソーセージの意味。kiosk(ショスク)はいわゆるキオスク、売店などの意味です。

Magnus Nilsson


さすが話題のレストラン(しかもストックホルムにないからなかなか行けない)のシェフだけあって行列もできています。でも、ここのホットドッグは以前にもここでお伝えした今年のSmaka på Stockholmで食べたので違う物も試したい。よくみるとソフトクリームもあるらしい。他でランチを買って食後のデザートをここのソフトクリームにすることに決定。

MagnusのKorvkioskのちょうど向かいにノーベル晩餐会のデザートも手がけるパティシエDaniel RoosのK-Märkt Patisserie och Bageriが。

ケーキなどのスイーツはもちろんおいしそうだけど、デザートはMagnusのとこで、と決めたのでここではオープンサンドを。


ローストビーフ(たぶん)のオープンサンド。この日はオープン記念でなんとランチタイムにはサンドウィッチなどが半額に。わーい。
これでこの日は28kr。かなり安いですが良く考えたら約400円。ってことは通常価格は56krで約800円。フォークなどと比べて頂けたら分かると思いますがそんなに大きくありません。スウェーデンの物価に慣れたとは言え、これが800円かと思うと改めてスウェーデンの物価恐るべし…と思ってしまいます。
味はもちろんおいしかったです!

この日は大混雑で席を見つけるのも一苦労。ぐるぐるさまよった挙げ句やっと階段状になってる部分の席を確保。このレストランシアター客席からの眺めはこんな感じです。

スウェーデンのフードコートなどが混んでいる場合、相席を恥ずかしがっていてはいけません。逆に自分が先に席についていても「そこ空いてる?」とガンガン聞いてきます。その上、後から来た遠慮なんて見せずせっかく確保したスペースも乗っ取られるくらいの勢いの時もあります。シャイなはずなスウェーデン人、その図々しさはなんなのよ!?と思うくらいです。そんな時は負けずに自分のスペースを確保して下さい。

さて、オープンサンドを食べ終わったら計画通りソフトクリームです。
レジに並んでいて誰かに声をかけられたと思ったらみきちゃん!運命の赤い糸が見えました♡(もちろんみきちゃんは1人じゃなかったけど)
と、いうことで食後のソフトクリームはみきちゃんと仲良く食べました。

みきちゃんはおしゃれヌードルレストランとして人気のAdam&AlbinRaamenでラーメンを。

醤油ラーメンに味噌がのってました。トッピングはネギと何故か生のカリフラワー。みきちゃんに味見させてもらいましたが結構おいしかったです。ちなみにこのラーメンの名前はRamen ya、ラーメン屋?

わたしはソフトクリームにキャラメルソースをトッピング。
このソフトクリームFävikenがあるスウェーデン北部イェムトランド地方の牛乳を使用しているとのこと。牛乳の味が濃くて食べた瞬間「おいしい!!」と思わず言ってしまったくらい。見た目よりボリュームもありこれで35kr(約500円/ソフトクリームのみは25kr、ソース10kr)はお買い得です。

このTeaternには全部で8つのレストランが出店しています。セーデルマルムのSOFO地区からもそんなに遠くないのでSOFOに行ったついでなどに覗いてみるのもいいかもしれません。


Teatern
住所 Ringen Centrum内(地下鉄グリーンラインSkanstull駅すぐ)
営業時間 月曜〜木曜 11:00〜21:00、金・土曜 11:00〜22:00、日曜 11:00〜20:00
朝食 月曜〜金曜 07:30〜10:45
Web Ringen Centrum /  Teatern 


関連記事
ストックホルムのフードコートK25(2013.07.30)
ストックホルムでひとりごはん(2015.09.13)






にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ

にほんブログ村

2015年11月28日土曜日

【お仕事報告】CREA Web クリスマスの街角

こんにちは。mikiです。

普段、ブログはまゆちゃんに任せっきりでまたまたしばらく間があいてしまいましたが...(多分半年ぶり...汗)、今日はお知らせです。



CREA Webとティファニークリスマスとの企画で、世界5都市のクリスマスの街角が紹介されています。
今週よりストックホルムのクリスマスの街角も公開です!

原稿執筆をしましたので、ぜひご覧になってください。

まだ11月だというのにすでに町の中はクリスマスムードいっぱいのストックホルムです。これからあの人混みの中、クリスマスプレゼントショッピングがあると思うと少しうんざりしてしまうのですが、華やかな町並みを眺めるのはこの時期ならではの楽しみでもあります。
これからストックホルムへいらっしゃる予定の方は、街のイルミネーションやクリスマスマーケットなど是非チェックをしてみてください。

下記よりご覧下さい。
http://crea.bunshun.jp/tu/tiffanyxmas2015-stockholm







にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ
にほんブログ村

2015年11月1日日曜日

チョコレート・フェストバル 2015

こんにちは、mayukoです。

秋冬というと、日本ではチョコレートの新作がお店に並んでいるかと思います。スウェーデンでも秋はチョコレートの季節。毎年、秋に開催されるチョコレートフェスティバルに行ってきました。

以前は北方民族博物館(Nordiska Museet/ノルディスカ・ムセェット)で行なわれていたのですが、現在はコンベンションセンターであるストックホルムスメッサン(Stockholmsmässan)でチョコレートだけでなく、お菓子作りを含めたベイキング&チョコレート・フェスティバル(Bak- & Chokladfestivalen/バーク&ホクラードフェスティヴァーレン)として開催されています。

会場にはスウェーデン各地のチョコレートショップが出展。

ストックホルムからは有名なChokladfabriken(ホクラードファブリーケン)

R.C. Chocolat(R.C. ショコラ)はストックホルム郊外、シグテューナ(Sigtuna)にあるチョコレートショップ兼カフェ。シグテューナのこのカフェがある辺りは日帰り半日観光くらいで行くのにちょうどいいスポットです。

以前ノーベル晩餐会のデザートを手がけていたことでも有名なマグヌス・ヨハンソン氏のショップMagnus Johansson Bageri & Konditori(マグヌス・ヨハンソン・バゲリー&コンディトリ)では卵とバターを加えて混ぜるだけで出来るクッキーの材料も。


わたしの一番の楽しみはヨーテボリのFlickorna Kanold(フリッコナ・カノルド)。


ここはベリー系のチョコレートや、トリュフなど定番の物はもちろん、ヤギのチーズ&はちみつ、オリーブオイルなど「え!?」と思うようなチョコレートも。ヤギのチーズ&はちみつはわたしのお気に入り。オリーブオイルはとってもオリーブオイルでした…。そんなフリッコナ・カノルドは今回もやってくれました。
その名も『SUSHI』、わさび味らしいです。上に乗ってるのはわさび豆?わさび嫌いなので試す勇気はありませんでした。

チョコレート・フェスティバルに来たら、どれか食べたことのないショップを試すようにしているのですが、今回はスウェーデン南部スモーランド地方の街、ヨンショーピング(Jönköping)にあるChokladverkstan(ホクラードヴェルクスタン)。

チョコレートの名前の横にパーセンテージが書いてあり何かと思って尋ねたら、材料のオーガニック使用率とのこと。オーガニック食材などに関心の高いスウェーデン、チョコレートもオーガニック、フェアトレードの材料を使っているショップは多く見られました。
そして肝心のチョコレートはもちろんおいしく、白樺のお酒を使ったチョコレートなどを購入。「白樺ってこんな味だったのか。」と思いながら食べました。

会場にはチョコレート以外の物も。
復活祭やクリスマスに出てくるマジパン細工。クリスマスマジパンの定番はブタとトムテたち。

乳製品メーカーのArlaは牛乳と牛乳に良く合うチョコチップクッキーを振る舞っていました。ブースにはArlaキャラクターのウシがたくさんいて可愛かったです。


クリスマスシーズンに欠かせないスウェーデンのジンジャークッキー、ペッパルカーカ(pepparkaka)。「アーランダ空港で一番売れている!」と呼び込みをしていましたが、アーランダに他のメーカーのクッキーがあまり売ってないからじゃ…なんてヤボなことは言ってはいけません。

スウェーデンのお菓子をモチーフにしたアクセサリー。

お菓子作り教室、生徒さんたちは真剣で先生が盛り上げようと一生懸命テンションあげていました。

スウェーデンで一番のパティシエを決めるコンテストも行なわれます。
今年のナンバーワン・パティシエに選ばれたのはスモーランド地方、カルマルにあるNilssons Konditori & Bageri(ニルソン・コンディトリ&バゲリー)のAnders Oskarsson氏。

チョコレート・フェスティバルを楽しんだ後は家に帰って買ったチョコレートを楽しみます。家においしいチョコレートがあると思うと嬉しくなります。

夏場はチョコレートをお土産に買って帰るととけることが心配ですが、この季節はその心配も殆どなくチョコレートが買えます。スウェーデンのチョコレートといえばノーベル賞のメダルチョコレートが有名ですが、街のチョコレートショップもぜひ覗いてみて下さい。









にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ
にほんブログ村